仕様 中古LP
販売価格 2,100円(内税)
購入数

Herbie Hancock - Crossings

サイケでドープなアブストラクト電化ジャズ!
シンセサイザーやエレクトリック ピアノによるスペーシーな音響とメンバーの自発的な即興演奏を中心とした長尺曲という構成で、前作「Mwandishi」同様にマイルス「Bitches Brew」の影響下にあるといえる72年の作品。ファンク、アフロ〜民族音楽から現代音楽やフリージャズまで飲み込んだ尖った一枚です。

Warner Bros. Records P-8251W Japan 1972

[Personnel]
Herbie Hancock - acoustic piano, electric piano, Mellotron, percussion
Eddie Henderson - trumpet, flugelhorn, percussion
Billy Hart - drums, percussion
Julian Priester - bass, tenor and alto trombones; percussion
Buster Williams - electric bass, string bass, percussion
Bennie Maupin - soprano saxophone, alto flute, bass clarinet, piccolo, percussion
Patrick Gleeson - Moog synthesizer
Victor Pantoja - congas
Voices - Candy Love, Sandra Stevens, Della Horne, Victoria Domagalski, Scott Breach


Top